MENU

 滅茶苦茶な期待を抱きながら利用することにしたセフレアプリ。
自分もエロエロ女性との肉体関係を、大いに満喫して友達のようにスッキリ爽快な毎日を送ってやるという意気込みがありました。
考えているだけでも性欲がさらに強く湧き上がってきてしまい、ペニスを硬直させていくのです。
ギンギンに勃起したペニスを携えてスマホ片手にアプリを利用していきました。
セフレ募集してすぐに女性から連絡がやってきて、そのまま一気に意気投合してラブホにレッツゴー、これが自分の考えたストーリーでした。
登録して少し待つとLINEの方に通知が届いてきたのです!
「やったぜ!!」
思わずスマホ片手に絶叫状態!相手からのメッセージを見てみたのです。
とっても可愛い女性の写真が貼られていました。
「もっと良いサイトが有るよ!!」
サイトのURLが掲載されているのです。
あれ、これってサイトの宣伝のリンクを張っているだけじゃねえか!とちょっとムッとしてしまったんですけど、ネットの世界だからこの手の輩がいるのは百も承知でした。
それで、さらに出会いを求めていったのです。
「やっほーこんにちは」
「わーい、嬉しいな」
「ヘヘぇ、レポート嫌になって現実逃避中w」

「大学生?」
「うん!」
結構いい手応えじゃねえか、って感じでもうワクワク気分で彼女とのやりとりを楽しんできました。
確かに見知らぬ女性と、やりとりをすることが出来てしまうんですね。
これはかなり大きな収穫を得たような気がしました。
彼女とこのまま話が盛り上がって、一発盛大に決めることができるって思ってしまいました。
しかし、彼女レポートするからって言うんでそのままいなくなっちゃったんです。
いやしかし、確かに女性の利用者はいるんだからという事で、使っていく事にしました。